スマートシティ 

From:関谷はやと

先日のニュースで、
自動車で国内最大手のトヨタと
情報通信最大手のNTTが、

自動運転車や高度な情報通信技術を使って、
『街』そのものを運営していくという、
『スマートシティ構想』の実現に向けた
プラットフォーム(基盤)づくりのために

お互いが2000億円((驚)ずつ出資し、
それぞれの会社の株式を持ち合うという、
『資本業務提携』することを発表しました。

ちなみに、
この『スマートシティ構想』って、

少し前のメルマガで、
トヨタが富士山の裾野に持っていた
自社の工場跡地を利用して
『Woven City(ウーブン・シティ)』
という名の実験都市を造ろうとしていることを
お話ししたことがあります。

なので、
自動車産業以外の様々な分野から、
協力者や賛同者を
引き入れようとしてるのは知ってましたが、

そのうちの1社がNTTだとは・・
自動車ビジネスに関わってる僕にとって、
もちろんビックリのニュースでしたよ。

ところで、
このニュースを最初聞いた時に思ったのが、
今ちょうどNHKの大河ドラマでやってる
『明智光秀もの』のワンシーンに

それまで敵対してた者同士が、
和議(わぎ、仲直り)するための証として、
お互いの子供たちを結婚させる・・
世間でいう『政略結婚』の場面です。

じゃあその理由は?
もっと外に大きな敵が存在するから・・
つまり両者にとって共通の敵ができたことで、
今は敵対するよりも
お互いに手を結んだ方が得策だと
判断した結果なんですね。

まあ、トヨタとNTTのケースは、
それぞれの得意分野が違うため、
敵対してるという訳じゃないんですけど、

ところが海の向こうアメリカには、
『GAFA(ガーファ)』に代表されるように
情報通信やプラットフォームにおいては、

超巨大企業が数多く存在しますし、
スマートシティ実現に向けての取り組みは、
すでに日本よりも先行してるのは事実です。

ところでGAFAって・・

よく眠れるチョコレートのあれ?

なんて思ってる人のために説明すると、

G:Google
A:アップル
F:フェイスブック
A:アマゾン の頭文字をつなげたものです。

いずれの企業も、
世界中の人々の生活に対して
巨大な影響力を持っていますよね。

こんな風に、
いま世界中にある大企業は、
自社の『製品』や『システム』だけを、
僕たちに提供しようとするんじゃなく、

『街そのもの』つまり、
僕たちの生活そのものを
パッケージ化していくような形の中から、
自社のメリットを提供し、
存在し続けようとしているんですね〜

でも、こういうのがあちこちに出現して
スマートシティを運営する企業連合が
自治体と似た役割を担うようになると、
企業と役所といった垣根も
しだいに無くなっていくんでしょうか?

ちょっと僕には、
まだイメージできないです・・

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

メルマガは自動配信がおススメ(無料です!)
希望される方はコチラ↓の登録フォームまで
【三栄自動車のメルマガ】
https://55auto.biz/3ei-jseibi/registp.php?pid=1

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abptu.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です