無いとどうなるでしょうか? 

From:関谷はやと

三栄自動車の事務所にて。

『ミラーレスの車』

なんか映画のタイトルみたいですけど、

そうじゃなくて、
これは『バックミラー』がない車のことで、

以前から審議されていた車の構造にかかる話題です。

その車がいよいよ登場しそうです。

ところで、

運転免許証を手に入れるため、
教習所や試験場に行って、
まず教わったのが安全装置の点検と調整でしたね。

ルームミラーやドアミラーの確認です。

ちなみに僕が教習所に行ってた頃は、
もちろん『フェンダーミラー』でしたよ。

ミラーレスの車というのは、

このルームミラーやドアミラーの代わりに、
カメラとモニターが装着された車のことだったんです。

実はもうすでに、
荷台がコンテナになったトラックなどは、
ルームミラーの代わりにバックモニターが付いてます。

もしかしたら、、あなたの車にも、
バックモニターが付いているかも知れませんが、

これはギヤをバックに入れた時だけ作動するもので、

常に後方を確認することはできません。

ですので、
果たしてこれがルームミラーの代わりになるのか・・?

それと同時に、
左右を確認するためのドアミラーも、

カメラとモニターで代用することになります。

特に雨の日や夜間など、
ドアミラーで周囲を確認しづらいときには、

安全性が向上するので、
交通事故防止に期待が持てますね。

ただ鏡式のドアミラーと比べて、
距離感と映像が届くまでの時間差が気になるところです。

もしかしたら超高速カメラで、
モニターは3D(立体映像)になるかも知れません・・

でも今のところ、
新しく登場するミラーレスの車が、

どういう作動条件になるのかは、
はっきりと分かっていないので、

僕たちメカニックも、
これから勉強していくことになります。

ところで、
ミラーレスの車になることで、

僕やあなたにとって、
とても嬉しくなることがあります。

それは、狭い道での離合(すれ違い)です・・

思い当たる人も多いかと・・

車のボディーからミラーがはみ出しているぶん、

実際の車のサイズって、

車検証に記載されたサイズより30センチ近くワイドです。

それが、
カメラを装着することによって、

今までのように、はみ出さなくなるので、

『ドアミラーをこすった!!』

なんてことが解消されます。

ということは、
ドアミラーを取り換える必要がなくなるので、

自動車メーカーにとっては、
補修用の部品が売れなくて困ってしまうと思いませんか?

ところが!!

そういった点には抜け目がない自動車メーカーです(笑)

ちゃんと代替案を用意していたんですね・・

それが『経年劣化』といって、

時間が経過することによって、
メカニカルな機能が低下してくる現象です。

そうなると、
カメラやモニターの映像がだんだんと見えにくくなって、

部品の取り換えが必要になることが考えられます。

ミラーレス車の台数が普及するまでは、
かなりの高額部品になりそうですね。

ドアミラーだと、
ぶつけて壊したりしなければ、

ずっと交換しなくて済みます・・

しかし!

ミラーレス車なら、
運転している人が、ぶつけたりしなくても、
時間が経てば必ず部品が売れていきます・・

これを、
便利で安全性が向上するための費用として、

車に乗る人が受け入れてくれるかどうか?

そのことは、
自動車メーカーも分かっているので、

最初のミラーレス車は、
高級車に限られてくるのでは・・?

というのが僕の予想です。

でも近い将来、車を買う時に、

『ドアミラー要りますか?』

『ミラーレス車にしますか?』

なんていう商談風景が見らるようになるでしょうね。

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車整備工場)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

http://abaql.biz/brd/55/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ パーマリンク

無いとどうなるでしょうか?  への1件のフィードバック

  1. 白戸 のコメント:

    ♪交差点では隣の車がミラーをこすったと怒鳴ってるから
    私もついつい大声になる
    「馬鹿にしないでよ~!そっちのせいよ~!」

    プレイバックPart2のフレーズが浮かんできました。

    好きな男と喧嘩して、真赤なポルシェで勢いよく飛び出すが、
    やはり結局は男の元に戻る・・・・・。

    ♪あなたのもとへプレイバック~

    阿木燿子が描く女性の心理を
    当時まだ十代だった百恵ちゃんが
    見事に歌いあげました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です