硬きこと鋼の如し 

事務所にて。

こんにちは。

水成 桂太です。

突然ですが、

僕は一部の人々(身内)から、

鋼の胃袋を持つ男として、

崇められています。

大食いという訳ではなく、

お腹を壊さないという、

だけなんですが・・・

以前海外に行った際も、

現地の人でさえ飲まない

という水道水を飲んでみましたが、

何事も無く、

楽しい旅行日程を、

終了しました。

そして好き嫌いも

ありません。

目の前に出された食事は

何でも食べますし、

「これはクセが強くて、

苦手な人が多いんだよね〜」

と言われた食べ物も、

おいしくないと

感じたこともありません。

「食べれないものは無い!」

を自負している僕ですが、

食べ物ではありませんが、

実は日常生活に支障を、

きたすくらい苦手な事が、

あります。

それは・・・

車の運転です!
    

いやいや待て待て。

君、車屋さんだよね?

元レーサーだよね?

子供の頃から車が好きって

言ってたよね?

これを言うと、

どなたからも同じ反応が、

返ってきます。

僕はこう返します。

確かに僕は車が好きで、

車屋さんで働いて、

レースが好きで、

レースをしていました。

でも運転は免許を取った

その日からずっと嫌いです。

??????????

??????????

??????????

たいていの人は、

このあたりで、

考えることが面倒くさくなり

「へぇ・・そうなんだ・・・」

と会話を終了させようとしますが、

あえて続けます。

簡単に説明しますと、

一般道の運転が

嫌いなだけです。

いつ飛び出してくるか

分らない歩行者。

急に車線変更してくるかも

知れない並走車。

さまざまな死角。

今日あなたがすれ違った車は

過去に重大な過失で何度も

大事故を起こした人かもしれません。

一般道は危険だらけです。

逆にレースは危険な事と

思われがちですが、

気をつける事は

「周りの車に当てない」

これだけです。

全員が同じ思いで走り、

周りの車は

試験に受かりレースライセンスを

持つ人だけです。

歩行者も、死角も、

対向車もありません。

大好きな車で、

ストレスフリーで、

しかも競い合うことができる。

だからレースは好きでした。

・・・・と

もっともらしい事を

言ってきましたが、

要は一般道の運転は、

色々と面倒くさいから

好きではないというだけです(笑)

ただ僕が挙げた、

一般道の危険は全て真実です。

教習所で習う

「かもしれない運転」

はとても大切です。

歩行者が飛び出す

かもしれない、

対向車が急に右折する

かもしれない、

並走車が斜線変更してくる

かもしれない、

全てに注意を払い、

事故のないカーライフを

お送りください。

かもしれない運転推進委員会
    (会員1名)

会長   水成桂太

*********************

【三栄自動車のメルマガ】 

発行者 水成 桂太(みずなる けいた)

〒790−0054
愛媛県松山市空港通2丁目14番7号

ホームページ:http://3ei-j.com/

メールアドレス:info@3ei-j.com

TEL 089−972−1082
FAX 089−972−6815

*********************

メルマガの配信を解除される方は、
こちらをクリックして下さい。

http://abaql.biz/brd/55/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: レーサー水成の車雑学, 整備営業水成の日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です