GT−R 

From:関谷はやと

僕のまったく個人的な見解ですが、
日本の自動車メーカーにとって、
久々に明るい話題がありました。

それは今から2年ほど前、
日産が誇るスポーツカー
『GT−R』というモデルを
『何の制約もなく作ったらどうなるだろう?』
というコンセプトで、

イタリアにある有名なデザイン会社
『イタルデザイン・ジウジアーロ』
との共同開発でスタートしました。

その車が、
毎年3月にスイスで行われている
『ジュネーブショー』で
今年デビューの予定だったんですが・・

コロナウィルスの影響により、
残念ながらその予定は叶わず、
それでも遅ればせながら、ようやく
僕たちの目の前に登場したんですね〜

さすがに
名門のイタルデザインが手掛けた車だけあって
外観スタイルも、
めちゃくちゃカッコイイんですよ。

ちなみに、その特別なGT−Rは、
50台の限定生産で1台あたり
『99万ユーロ(約1億1700万円!?)』
もするそうです(驚)

ところが・・

ここでちょっと気になるのは、
今回1億円以上するGT−Rの
ベースとなった車自体、
たしかに高性能スポーツモデルの
『ニスモGT−R』なんですけど、

ただGT−Rという、
モデルの歴史をたどっていくと、
あくまで
『スカイライン』という量産モデルから
派生したスポーツ仕様の車なんです。

つまり、
他の高級スポーツカーメーカーみたいな、
『さらに超高性能バージョン』とは、
生まれた背景が元々違うんですね。

こんな風にいうと、
たかが背景じゃないか!?
それよりも重要なのは性能や開発コンセプト
それに『GT−Rというブランド』だろう?

たしかに分かります・・

でも考えてみれば、
こういう特別な値段が付けられる車って、
車の性能を上げるために要した費用を積み上げて
採算が出る金額をはじき出しました。

のような価格の付け方じゃなく、

もっと観念的で目には見えないけど、
作り手(日産)が
本当に伝えたいスポーツカーの姿・・

そこには日産が
GT−Rのようなスポーツカーを
今でも新たに作ることができますよ。

みたいな背景、つまりストーリーを
価値として人々が認めてくれるからこそで、

そうじゃないと、
『1億円超のGT−R!?すごいね〜』
だけになってしまいそうで・・

何とももったいないな〜と思ったんですよ。

でもまあ今回は、そもそもが、
『あのGT−Rを制約なく作ってみたら?』
というコンセプトだったので、
そういう視点からみると、
この車はこの車で楽しめるんでしょうけど・・

なのでこの次は、
量産車ベースじゃなく、

海外の高級車メーカーにも
負けないようなストーリーから
生みだされたスポーツカーを
ぜひ作って欲しいと期待してます!

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

メルマガは自動配信がおススメ(無料です!)
希望される方はコチラ↓の登録フォームまで
【三栄自動車のメルマガ】
https://55auto.biz/3ei-jseibi/registp.php?pid=1

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abptu.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です