それなら現実を変えよう! 

From:関谷はやと

前回のメルマガの続きです。

三栄自動車が目指している
『一体感』を実現させるために
昨年の夏ごろから始めた、
『1on1ミーティング』について、

『こんな風にしたら良い結果が出せた』

あるいは『出そうな気がします・・』

みたいな
成功パターンに近づく『気づき』を
みんなが共有することで
一体感を得たかったんですが・・

この半年間
スタッフの『気づいたこと』に対する
話を聞いてみて感じたのは、

スタッフそれぞれが
目標や理想により近づくために
『気づいたこと』を話してもらうはずが、
どうやら
『できたこと、うまくいきそうなこと』
に気づくんじゃなく、

どうするかを考えた結果、
『できてないのはこれが原因じゃないのか?』
を探し、それをひたすら
『気づいたこと』に結び付けていくような
思考パターンとなってることに
僕自身気づいたんです。

つまり、
『最初に僕が思い描いてた方向とは
何か違ってるぞ』ということでした。

まあ、よくある、
『理想はどうあれ、これが現実だ』
みたいなやつですね・・

そこで、何とかしなきゃあ・・
と色々考えているうち、

今年に入ってから最初の
『1on1ミーティング』が
あっという間に来てしまうんですが、

その直前に僕は、
『あること』を変えてみたんですね・・

すると、その結果は!?

ミーティングをやった前と後では
明らかにスタッフの表情や言葉遣いが
変わってたんです!(驚)
しかも明るく前向きな方にですよ!(喜)

たしかに今回は、
在籍年数の多い『ベテランスタッフ』の
順番だったので
(70歳〜82歳の4名!驚)
もともと信頼関係ができてたというのも
理由かもしれませんが・・

それを割り引いても、

世間では『後期高齢者』などと
呼ばれてる方々がみな、

『おっしゃ〜また頑張るぞ〜!』

みたいになってくれたのは、
間違いなく事実なので、

僕の取った方法が
うまくいったんだと思います。

で、何を変えたのかというと・・

ミーティング時の設問を
『気づいたこと』から、

『良かったと思うこと』
『うまくいったと思うこと』に変えて、

『それ(うまくいったこと)が、
自分や組織の成長につながりそうですか?』

と答えてもらうようにした・・

たったこれだけです。

いつもこのメルマガを
読んでくれているあなたなら、
その理由はお分かりだと思いますが、

要は設問から出てくる答えを、
良いことに対するイメージだけが
広がるよう仕向けたんですね〜

ところで、この設問って、

僕が『生みの苦しみ』的な感じで、
ギリギリのスケジュールで
とっさに思いついたことなんですけど、

実はミーティングが終わった後、

昨年末に届いてた
ある方からのメルマガを読み返してたら、

『現実を変えたければ、
質問を変えなければならない。』

という、
まさに今実行したそのものが、
僕宛のメッセージとして届いてたんですね〜

しかも昨年末、僕は
そのメッセージを読んだあと
『いいな』と思って『重要フラッグ』まで
立ててるにも関わらず、
すっかり忘れていたという・・(爆笑)

でも結果良ければ・・とも言うし、

僕の潜在意識が、
そうさせたんだと思えば、

これも『良かったこと』
『うまくいったこと』なので、

まあ、今回はいいことにしましょう(苦笑)

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車整備工場)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abptu.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です