世界初搭載! 

From:関谷はやと

つい先日、新聞やニュースに
電動車の世界販売台数予測が
掲載されていました。

それによると、
2035年(令和17)には、
EV(電気自動車)の台数が
現在の販売台数から、さらに17倍も伸びて
なんと2202万台に達するそうです。

ちなみに、
この台数予測は2年前に予測された
1125万台と比べて約2倍に増えています。

またEV以外にも、
エンジンと電気モーターで走る
HV(ハイブリッド車)のほか、

バッテリーにコンセントをつないで
充電できる機能が付いた
PHEV(プラグイン・ハイブリッド車)の
販売予測も出ていて、

同じ2035年で、HVは785万台、
PHEVが1103万台となっています。

じゃあ、エンジン車を含めた
全ての新車の世界販売台数は?というと、

別のデータから
2035年の予測が出てまして、

現在の約9000万台から、
さらに1000万台ほど伸びて
約1億台となるそうで・・

つまり、予測とはいえ、
あと15〜6年先には、

世界で販売される新車100台のうち
約40台が電動車となり、
そのうちほぼ半数がEVになっている
という状況です・・

ちなみにこの数字はすべて、
1年間で販売される台数ですよ(驚)

さらに驚くのは、
2021年、あと2年もすれば、
世界で販売されるHVとEVの台数が
逆転するんだとか・・

これを境にして、
いま電動車で主流となってるHVよりも、
EVの方が急激に伸びていくんですね〜

となると、この先、、
自動車メーカーにとって重要なのは、

バッテリーへの充電を
どれだけ短時間で済ませられるか?
という『充電時間』と、

1回あたりの充電で
どれだけ長い距離を走ることが出来るのか?
という『航続距離』であることは、

いつもこのメルマガを読んでくれている
あなたなら、きっとすぐ思い浮かぶはずです。

ところが、世界中の、
どの自動車メーカーもEVを作りだすと、

いまの2つの違いだけじゃ
どうしても個性に欠けるというか・・
インパクト(売り)が
いま一つ物足りないんですよね〜

なので今後は、
重くてデカいEVのバッテリーを、
いかに軽く小さくできるか?
というテーマにシフトされていくはず

と、そんなことを考えてたら、

ちょうどいま、ドイツで開催中の
『フランクフルト・モーターショー』に、
そのテーマに挑戦した車が出てて、

なんとそれが、
コンパクトカーや4ドアセダン、
SUVを作ってるメーカーからじゃなく、

イタリアの高級スポーツカーメーカー
ランボルギーニが発表した、
『シアンFKP37』というモデルで、

なんとこの車には
今までのバッテリーと比べ、
重量は3分の1しかないのに
パワーは3倍も出る
『スーパー・キャパシタ』と呼ばれる
とんでもない装置が
世界初搭載されてるんです!

ただし今回のはEVじゃなく、
エンジンとモーターのHVですが・・

そこで次回以降、
『スーパー・キャパシタ』って、
いったい何ぞや?について
お話ししたいと思います。

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車整備工場)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abaql.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です