意外な場所も注意が必要です! 

From:関谷はやと

9月に入るのを待ってたように、
台風が次々と日本列島に向かっています・・

そのおかげで、
先週は熱風のような風が吹き、
昼間の気温も連日30度を超え・・
おまけに湿度も高くなって、
めちゃめちゃ身体に堪えます。

このメルマガを読んでくれているあなたも
どうかご自愛くださいませ。

ところで、
いまこのメルマガを書いてる最中
(9月8日 日曜日)
台風15号が強い勢力を保ったまま、
関東方面めがけて進んでいて、

予想進路を見ると、
ちょうど台風が富士山に当たって
跳ね返されるような進路となっています。

なので、地域によったら、
台風が往復で通ることも予想されるので
圏内にお住まいの方は、
十分にお気を付けください。

ちなみに、僕が住んでいる松山は、
東京から約800キロほど離れていますが、
それでも多少影響があるんでしょうか・・

晴れた強い日差しの向こう側が
雨雲っぽいのに覆われていて、
そのせいで気温と湿度の両方が、
高くなっています・・

ところで、

電車の線路や幹線道路の下を
通り抜ける構造の道路には、
(ガード下とかアンダーパスと呼ばれてます)
台風で大雨が降ったようなとき、
周辺からの雨水が集中するため、

『冠水注意(かんすい)』
と表示されています。

なぜかというと、車って、
上から降ってくる雨水には強いんですが、
雨水が溜まったような場所を走った場合、

水位が一定の高さを超えると、
エンジンの空気取り入れ口から、
大量の雨水を吸い込んでしまい、

そのせいでエンジン内部が
壊れてしまうんからなんです。

この現象は
『ウォーターハンマー』と呼ばれ、

ガソリンと空気の混ざった混合気を
圧縮するのが正常な作動状態のエンジン内部に

雨水が入ってしまうと、
水は圧縮できないため、

エンジン内部にあるピストンが
水の塊を叩くような格好となり、
ピストンは一瞬で壊れてしまいます。

すると
車はその場で立ち往生してしまい、
水位によっては、
非常に危険な状態になるので、
『冠水注意』と表示してるんですね。

また、
大雨の時には地面の低い場所も
アンダーパスと同様に冠水することがあるので、

日頃から、
高い場所と低い場所はどこなのか?
というのを
気にしながら車に乗るだけでも
いざというときには心強いですよ。

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車整備工場)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abaql.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です