ローンチコントロール 

From:関谷はやと

今日のメルマガのタイトル
実は『ローンチ』という単語と
『コントロール』の合成語で、

コントロールの方は『調節』とか
『制御』みたいな意味で、
日常でも使われてるので分かりますが、

問題は『ローンチ』の方で、
ほとんどの人にとっては
『???』みたいな感じになるくらい、
まず馴染みがない単語だと思います。

ちなみに直訳すると、
『立ち上げる』とか『送り出す』
という意味らしく、

元々は船が『進水』する際に用いられた言葉
なんだそうです・・

また最近では、ビジネスやIT、
マーケティングといった分野で、
新しい商品やプロジェクトなど、
あらかじめ準備したものを

世間に向けてリリースする手法のことを
『ローンチ』と呼ぶようです。

なので、
このメルマガの読者の中に
そういうことに関わってる人がいれば、

『ああローンチね、知ってるよ。』

となるかも知れませんが・・

しかし今回は、前回に続いて
ドイツの高級スポーツカーメーカー
『ポルシェ』の話題です。

というのも、
このほどポルシェとして初の
4ドアEV(電気自動車)
『タイカン』が発表されたんですが、

EVなのに、
なぜか『ターボ』というグレードが
設定されてるんですね〜

ちなみにターボというのは、
エンジンから出る排気ガスの力を利用して、
車の出力を高めている装置の名前で、
当然ですが
エンジン車じゃないと付いてません・・

ところが、
『タイカン』は純粋なEVなので、
電気モーターだけしか搭載されていません。
なのにポルシェは、カタログはもちろん
実車のエンブレムにまで堂々と
『ターボ』とつけてるんです!!(驚)

いくらポルシェでも
『そこまではやり過ぎやろ!?』
って思いますよね。

そこで、
さらにカタログを読んでいくと・・
タイカンの動力性能を説明した部分に、

発進時により強力な加速を得るため
モーターに送る電力を制御することが
『ローンチコントロール』
だと表現してたんですね〜

実はこの表現、レースの世界では、
速く走るための方法の一つとして、
広く知られているんだそうです・・

まあ、

そういう意味でいくと確かに
エンジン車の『ターボ』と
同じ役割をしてるので、
あながち間違いじゃありませんが・・

しかし、
技術的な仕組みでいうと
『ターボ』には当たらないので、
詳しい説明が必要な部分には
『ローンチコントロール』
と表現してるようでした。

ということは・・

つまりポルシェは、
『ローンチコントロール』を

意図的に『ターボ』という表現に変えて、
高性能、ハイパワー、高グレードという、

元々僕たちが持っているイメージに
訴えかける手法を取ってたんですね〜

その理由はもちろん、

『ローンチコントロール』
という言葉なんて、

レースをやってる人か、
ITやマーケティングに
携わってる人しか知らないので、

すでに知られている『ターボ』にした方が、
より分かりやすいし馴染みがあるからです。

でも、、
これってポルシェのような
高級スポーツカーメーカー
だから許されることで(笑)

そいういうのも含めて
『ブランド』なんでしょうね〜

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車整備工場)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abaql.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です