○○で車を買う人はいないというが、果たして本当なのか? 

From:関谷はやと

三栄自動車の事務所にて。

僕も含めて、一般的なところでは、
車を購入するときの『判断材料』として、
燃費とか価格とか、
金額面に関わる基準のほか、

ボディーサイズや排気量や馬力といった、
性能面に関わる基準を掛け合わせて、
購入するときの判断材料に
してるんじゃないかと思います。

まあ、パッと見でも直感でもいいんで、
『あの車に乗ってみたい!』と思うのが、
一番大切なのは言うまでもありませんが・・

ただ、、

いくら性能面とはいえ『車重』

つまり車の重さを判断基準にして、
買う人なんていないだろう?
というのが大筋の見方ですよね・・

でも、それって本当なんでしょうか?

という訳で、ちょうど先日、
インターネットの車情報サイトに、
マイナーチェンジされた、
『ミニ・クーパーSコンバーチブル』と、

フェラーリ次期モデルの特別仕様車、
『488スパイダー・ピスタ』
という車が掲載されてたんで、

この両者を取り上げて、
検証してみたいと思います。

ちなみに、
『コンバーチブル』も『スパイダー』も、
屋根(ルーフ)を開放できる車、
『オープンカー』の呼び名のことです。

まず『ミニ・クーパー』の方は、
排気量2000ccで192馬力の
エンジンが搭載されていて、
価格は500万円前後です。

ところが、
『フェラーリ』の方はというと、、
排気量3900ccで720馬力と、
排気量で約2倍、馬力だと、
実に3倍以上のエンジンです(驚)
おまけに価格は10倍以上!(の予想)、、

ただ車重となると、

『ミニ・クーパーS』は1370kg、

『フェラーリ488』は1380kgと、

たったの10kgしか変わりません・・

ところで、
ミニ・クーパーといえば、車幅の関係で、

今でこそ3ナンバーですが、

コンパクト・カーのお手本とされた車です。

ちなみに今どきのコンパクト・カーって、
車重は1000kgをちょっと超える位・・

そう考えると『重い方』になると思います。

また、
『フェラーリ』といえば、

スポーツカーの代名詞のような存在で、
日本だと『ホンダNSX』が、
同じカテゴリーかと・・

ただ、NSXの車重は、
1800kgもあるんですね〜

まあ、これは『ハイブリッド車』なんで、
電池とモーターがくっついてるから、
しょうがないんですけど・・

でも、スポーツカーにとっては、
いかに軽量化するか?って重要なテーマなんで、

500kg近くも差があると、

フェラーリの車重がいかに軽量なのか、

しかもケタ違いにというのが分かります。

すると、、

本当に購入できるだけの、
お金を持ってる人にしてみれば、、

『今度のフェラーリ、軽量じゃん!』

『NSX?いいけど、車重が重いやろ・・』

みたいに、
比較されることも考えられます。

まあ、フェラーリを購入する人なら、
フェラーリの魅力を再確認する程度で、
NSXを引き合いに出すだけでしょうけど・・

それでも、、『重さ』が、
重要な購入の動機になることは違いありません。

そう考える(こじつける)と、
タイトルの答えとしては、
『本当です』ということになります(笑)

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車整備工場)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abaql.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です