『コケない技術』の裏には・・ 

From:関谷はやと

三栄自動車の事務所にて。

77万1200人・・これは、

11月5日まで開催されていた、
『東京モーターショー』の入場者数です。

今回のモーターショーで注目されたのは、

自動運転技術のほか、

車なら『ぶつからない技術』と、

バイクなら『コケない技術』でした。

このうち、
コケない技術を実現したバイクの動画を見ていた時、

ちょうどタイミング良く、
JAXA(ジャクサ:宇宙航空研究開発機構)からも、

『コケない技術』として、

1辺が3センチほどのサイコロ型の装置

『超小型三軸姿勢制御モジュール』

というのが話題になっていました。

どういうものかというと、

普通、サイコロを台の上に置くと、

底の面でサイコロ全体を支えていますよね。

そんなに深く考えなくても、

これは本当に普通の状態です。

ところが、

JAXAの技術を使うと、

サイコロのちょうど角の部分で、

全体を支えることができるんです。

しかも、それが!
テーブルか何かの上に置いてある状態から、

自分からバランスを取りながら起き上がって、

そのまま角で全体を支えたまま静止するんです・・

『超ビックリです!』

宇宙のことは、あまりイメージできませんが、

元々は、

『ジャイロ(ジャイアンではない!)』と呼ばれる、

バランスを取るための技術だそうです。

この技術を使うことで、

『コケないバイクや自転車』ができたり、

さらに、もし倒れたとしても、

『自分から起き上がれる』バイクや自転車が実現します。

いやあ・・思わず、

この長ったらしい名前の装置が欲しくなりましたよ(笑)

でも・・一体いくらするのか見当もつきませんが、

もし譲ってもらえたとしても、

何十万円レベルじゃないことは確かだと・・

なんといっても、

宇宙開発の最先端をいってるところですからね〜

しかし実は、

もっとすごいのが、

倒れない『ジャイロ』の原理を、

今から90年以上も前に、

なんと日本の企業が、
当時から『おもちゃ』として形にしてたんです!

それが『地球ゴマ』と呼ばれる玩具で、

愛知県の『タイガー商会』という会社が、

熟練された職人技で

一つずつ手作りしてたんだそうです・・

地球ゴマの動画をユーチューブで見ましたが、

作動させた地球ゴマを、

サイコロ状の箱に入れて、箱の角で支えてみると・・

箱は倒れることなくピタッと静止したままでした。

残念ながら『後継者難』という理由で、

この会社は2015年に廃業してしまいましたが、

地球ゴマが直前に売られていた価格は、

わずか1500円程度だったとか・・

コマは倒れませんが、

作ってる会社は倒れてしまったんですね・・

こんなすばらしい技術を持つ企業を、

廃業させてしまうとは・・

何が『ものづくり日本じゃ!』と言いたくなりませんか?

というわけで僕も、

ささやかながら敬意を込めて、

何とか『地球ゴマ』を手に入れようと、

画策しています・・(笑)

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車整備工場)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

http://abaql.biz/brd/55/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ パーマリンク

『コケない技術』の裏には・・  への1件のフィードバック

  1. ケイジ のコメント:

    地球ゴマはもう生産終了してしまって、今ではネットでプレミア価格になってますね。その地球ゴマを進化させた「地球ジャイロ」というのがついに出たみたいですよ。ご報告まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です