(配達員向け)ウーバーイーツ攻略法 

From:関谷はやと

たしか先月の終わり頃
だったと思うんですけど・・
松山市内の繁華街を歩いていた時、
ついに見かけたんですよ!

何がって?
あの黒い大きなバッグを背負った
『ウーバーイーツ』の配達員さんです。
しかも同時に2名も!?

ただ松山って、、都市部と比べると、
のんびりとした土地柄なんですよね・・

そのためか、
配達員さんの運転してた自転車も、
都会でよく見かける、いかにも!
みたいな前傾姿勢で運転する
スポーツタイプの自転車じゃなく、
『小洒落たママチャリタイプ』の
自転車だったんですね〜

このあたり・・
『松山スタイル』っていうんでしょうか(笑)

たぶん
ウーバーイーツで注文してる人たちも
時間に慌ただしい訳じゃなく、
今のところは話題性の方が優先してて、
『ちょっと頼んでみようか?』
みたいなノリなんだと思います。

ところで、、
都市部のウーバーイーツ配達員が、
今どんな状況なのかを
ネットで調べてみたところ・・

どうやらお店ごとに、
よく注文が入る時間帯を
事前に把握しておくことで
効率よく配達ができるということに気付いたのか・・
その時間帯になると、お店の前で待機する、
いわゆる『出待ち配達員』も出始めたそうです。

たしかに都会なら、
ウーバーイーツにエントリーしている
飲食店が密集してるはずなので、

例えばそこを拠点にして注文をこなし、
配達が終われば、またすぐ拠点に戻ってくる
みたいな『ピストン配達スタイル』とか、

配達帰りに別のお店の注文をこなして、
テリトリー内をグルグル回るといった
『ループ配達スタイル』といった、
(どちらも僕が勝手に命名しています)
様々な方法が試せそうです。

まあ、ウーバーイーツ配達員を
やったことがない僕でさえ、
思いつくアイデアなので、

本職(!?)の配達員さんの間では、
こういった、限られた時間とエリアの中を、
より効率よく注文をこなす方法を研究し、
シェアされてるんでしょうね〜

と、ここまで書いてて気づいたんですけど・・

これってタクシーの運転手さんが、
乗客を得るために今までやってた方法と
ほぼ一緒じゃないのかと・・

例えば松山の場合は、
特急が到着する時間帯の駅前とか、
東京や大阪便の飛行機が
空港に到着する時間帯になると、
タクシーがズラッと並んでたんですよね。
ちょっとしたイベントや、
様々な会合があるホテルや会議場前も
ほぼ似たような光景です。

ということは、
ウーバーイーツで効率よく稼ごうと思ったら、
自分であれこれ試行錯誤するより、
優秀なタクシードライバーから
アドバイスをもらった方が良い、
という結論になるんじゃないかと思います。

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

メルマガは自動配信がおススメ(無料です!)
希望される方はコチラ↓の登録フォームまで
【三栄自動車のメルマガ】
https://55auto.biz/3ei-jseibi/registp.php?pid=1

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abfll.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする

ニュース映像より・・ 

From:関谷はやと

『令和2年7月豪雨』
と名付けられた今回の豪雨災害は、
九州地方から始まって、
日本各地に被害をもたらしています・・

そして、
被災地の中の1つに大分県日田市という、
山合いの小さな町が集まった地域があって、
ここは『日田の天然水』の産地として
全国的にも有名になるくらい、
水が豊富な地域なんですね。

実は僕も20年ほど前、
近所の同業者の人たちと一緒に
北九州にある自動車生産工場に
見学に行った時の観光オプションとして

日田市が窯元となっている
『小鹿田焼(おんたやき)』という
陶器を焼いている町に
訪れたことがあるんですけど・・

その時印象的だったのが、
地域の1つ1つは山間部の小さな町なのに、
川の水量だけは、町の規模に余りあるくらい
とにかく豊富だったことです。

ところで、
小鹿田焼について少し説明すると、
今から約300年ほど前に
開かれた窯だそうで、

放射状に描かれた
細かい線の模様が特徴の陶器です。
また『民陶(みんとう:民芸陶器の略)』といって、
芸術目的で作られるというより、
実用的な食器や花挿しがメインです。

話を20年目前に戻します・・

(大変失礼な話なんですが・・)

いくら観光オプションとはいえ、
見どころが『小鹿田焼』しか無ければ、
焼き物にそれほど関心のない僕でも、、
見るしか選択肢はありません・・

という訳で、
窯元の直売所を見て回っていた時、
僕はある直売所の店内に展示してあった
『湯呑み』を手に取り再び戻そうとした時、
うっかり落として割ってしまったんですね(泣)

当時『焼き物』イコール『高額な品』
という認識しかなかった僕にとって、

その時のヒヤ汗度合いは、
今でも忘れられないくらいです・・

そして割れた湯呑みを拾いながら
『どうしよう・・』とオロオロしていると、

店員さんが『大丈夫でしたか?』と
優しく声を掛けてくれ、
これにどれほど救われた気持ちになったか・・

そこで僕は、申し訳ないという気持ちと、
店員さんへの感謝の気持ちを込めて、

自分が割ってしまった湯呑みを
弁償するのと同時に、お土産用として
『花挿し』を買いましたよ。

さっきお話ししたとおり、
『小鹿田焼』は実用性が特徴の民陶なので、
2千円ほどの出費で済んだんですけど、

もしこれが超高額な壺や茶器だったら・・?

まあ今なら、そういった時の備えとして
『個人賠責保険』という保険商品が
役に立つことを知っているので、
当時ほどオロオロせずに済むでしょう。

ところで、その花挿しは今でも
三栄自動車の事務所にあって、
花を生けるときに時々使ってますが、

被災した日田市のニュース映像から、
花挿しを買うきっかけとなった
当時のことをふと思い出し、

やはり災害時の備えとして
『保険』って必要なんだと・・
あらためて考えさせられましたよ。

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

メルマガは自動配信がおススメ(無料です!)
希望される方はコチラ↓の登録フォームまで
【三栄自動車のメルマガ】
https://55auto.biz/3ei-jseibi/registp.php?pid=1

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abfll.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする

良いサイトだと思ってたのに・・ 

From:関谷はやと

前回のメルマガでは、
車のカタログの見方として、
エンジンの説明部分に記載されている
『馬力とトルク』についてお話ししました。

ただ馬力とかトルクという言葉って、
たとえあなたが、いつもこのメルマガを
読んでくれてたとしても、正直いって、
中々馴染めるものじゃないはずだと・・

そこで、出来る限りシンプルで
分かりやすく読んでもらうために、
インターネットで下調べをしてたところ、
いくつかのサイトに当たりました。

その中の一つに、
前回お話しした『馬力とトルク』以外にも、
車やバイクに関する様々な情報を
ものすごく丁寧で、
しかも分かりやすく教えてくれている
サイトを見つけたんですね。

ちなみにですが、僕も一応、
車に関するビジネスをやってるので、
それなりに説明できるくらいの情報と
それを裏付ける経験と実績を
持ってるつもりなんですけど・・

その僕でさえ、
『そうだよな〜』と同意したり、
『これを書いた人は相当なマニアだろう』
と思うくらいのサイトでした。

ところが!
そのサイトの中で
タイヤ交換に関する認識だけが、
『いくら何でも、それは・・』というくらい、
僕とはかなり違っていて、

それが
『タイヤの価格と性能の違い』
についてなんですけど、

このサイト主の方が言うには、

メーカーや価格が違っても、
操縦安定性や静粛性といった
タイヤの性能の違いはほとんど分からない・・
なので(価格の)安いタイヤを
頻繁に交換したので良いと、
そう断言されてたんですね・・

まあ、
この方自身がタイヤの性能について、
その違いが実感できないんだったら、
仕方ないんでしょうけど・・

ただ、だからといって、いきなり
『安いタイヤで十分』みたいな結論に
なってしまうのは短絡的すぎるし、

タイヤの性能向上のために、
日々研究開発しているタイヤメーカーに対しても、
乱暴で配慮を欠いた表現じゃないかと・・

というのも、今まで僕自身が、
タイヤの価格やグレード、生産国など

様々なタイヤを装着してみて、
性能表示がされているタイヤなら
『それなりの違い』を実感できていて、

その結果を公平に評価しても、
やはりタイヤの価格には、
価格なりの性能差がある!
そう断言できるからです。

あえて言うならタイヤの価格の差が、
性能の違いに見合うかどうか?

という考え方なら、
たしかにあるかも知れませんが、
でもそれは価値観の話であって、

まあ、たまたまこのサイトの
読者の方たちが『価格』に敏感で、
読者ウケを狙ったものだったとしても、

全てのユーザーに向けて
『安いタイヤで十分』という結論には
ならないと思うんですよね〜

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

メルマガは自動配信がおススメ(無料です!)
希望される方はコチラ↓の登録フォームまで
【三栄自動車のメルマガ】
https://55auto.biz/3ei-jseibi/registp.php?pid=1

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abfll.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする

(マニア向けかも?笑)カタログの見方 

From:関谷はやと

車のカタログを読んでいると、
『エンジン出力』という項目があって、
見たことがある人もいるかと思います。

また、その中に
『馬力』や『トルク』という
出力を示す数値が記載されているんですが、
たぶん、ほとんどの人にとっては、
よく分からない数値じゃないかと思います。

ただ車の性能に
強い関心がある人の中には、
この数値が車を選ぶ際の
基準になってる人もいて、

そういった人にとっては、
馬力やトルクの数値そのものを、
一種のステータスだと感じてる節もあるんですよ。

まあ、そうじゃなくても、
馬力やトルクという数値には一体、
それぞれどんな意味があるのか?
知っておいて損はないので、
ちょっとお話ししますね。

まずトルクについてですが、
(笑い話でも何でもなく)
ワインの栓に使われてるコルクとは、
まったく違うものだというのを
とりあえず知っておいてください・・

ところでトルクという言葉を、
日本語で表現すると『回転力』となり、

イメージとしては
エンジンが回っているときの
力強さそのものを表す数値です。

そしてこのトルク(エンジンの力強さ)に
『時間』という要素を加味すると
『馬力』になります。

ちなみに『1馬力』というのは、
文字通り『馬1頭分の力』が元になっていて、

学問的には、
重さ75kgの物体を1秒間に1メートル
動かすことができる力のことを言います。

なので、例えば
車重75kgの車が1メートルを走るのに
エンジン全開で、もし10秒かかったとすれば、
その車のエンジン馬力は0.1馬力となり、

逆にもっと早く
0.1秒で走ることができたら、
そのエンジンは10馬力となります。

これがカタログに載っている
『(最高)馬力』と呼ばれるものです。

こんな風に、同じ重さの車を
同じ力で同じ距離を動かすにも、
『時間』という要素を加えることで、
エンジン性能に違いがあることが分かり、

当然ですが
馬力の大きなエンジンの方が、
短時間でより速いスピードを
出すことができます。

ところが、
特にクルマやバイクの場合は、
道路状況や制限速度によって
アクセルペダルの踏み込み加減、
つまりエンジン自体の回転数を
変えながら走っていますよね。

なので、
実用性を考えた場合は
最高馬力だけじゃなく、
いつも走っているときのエンジン回転数で、
果たして何馬力出ているのか?

カタログからこの数値を見ることで、
車重が重くても速く走れるとか、

また同じ車重でも馬力が違えば、
こっちの車の方が速く走れるとか、
そういった違いを知ることができます。

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

メルマガは自動配信がおススメ(無料です!)
希望される方はコチラ↓の登録フォームまで
【三栄自動車のメルマガ】
https://55auto.biz/3ei-jseibi/registp.php?pid=1

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abfll.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする

フェードアウト感満載の・・ 

From:関谷はやと

先月終わり頃の話、
経済産業省の関連団体から、
三栄自動車宛に1通の手紙が届きました。

内容は、
キャッシュレス決済による
5%のポイント還元キャンペーンが
当初の予定通り
6月末日をもって終了するため、
告知用のパンフレットやステッカーなどを
それ以降使ってはいけません・・
という案内の文章でした。

『そういや・・』

ポイント還元キャンペーンによって
キャッシュレス決済そのものは
ある程度認知されて、
利用する人が増えたのは実感しますが、
今後はそれが無くなるんです。

コロナウィルス関連の話題に気を取られ、
すっかり意識の外になってましたよ・・

今回はまさにフェードアウト感満載で
終了した感じでしたね〜

ちなみに、
買い物や支払いをするとき実際に
『うっかり』現金が足りなかったとか、

1円単位の細かい金額を
ちょうどに合わせるため、
財布の中から小銭を取り出すのが、
(感覚的に)面倒だ!
みたいな経験がある人にとっては、

ポイント還元だけじゃなく、
キャッシュレス決済そのものに
何かしらのメリットを感じたはずなので、

今後もたぶん、
キャッシュレス決済になるでしょう・・

まあ、
時代の流れもあり、技術的にも
ようやく可能となったシステムなので、
そのこと自体は否定しませんが、、

ところが、
お客さんに商品やサービスを販売してる
お店側にとっては
『キャッシュレス決済』という
システムを通じた収入となることで、

そのシステムに関わっている人たちに
数パーセントの『手数料』を
支払わなくちゃいけないんですよね・・

つまり、
実際の商品やサービスのやりとりは、
お客さんとお店との間だけで完結しますが、

『お金のやり取り』については、
銀行やクレジットカード会社のような、
キャッシュレス決済のシステム運用会社が
間に入って行うため、なんですね〜

すると、
お客さんが何を買おうが、
お店が何を売っていようが、

決済された金額のパーセンテージが、
手数料になる仕組みなので、

そういう点から考えれば
このシステムで一番利益を得るのは、
システム運用会社だなあと・・

ただ、
あなたも気が付いたと思いますが・・
儲かる所には必ず競争原理が働くので、

今後はその『手数料』をめぐって、
し列な競争が繰り広げられるはずです。

まあ、最初のうちは、
手数料の高い安いだけに
関心が集まるんでしょうけど、、

僕の個人的な希望としては、
システム会社が手数料の対価として
お店のコマーシャルをするとか、
お客さんに向けて様々な情報やサービスを
提供してくれるようになるとか、

そういった面が充実してくれれば、
手数料を払っても十分価値があるなあ、
そう思っているんですけど、果たして・・

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

メルマガは自動配信がおススメ(無料です!)
希望される方はコチラ↓の登録フォームまで
【三栄自動車のメルマガ】
https://55auto.biz/3ei-jseibi/registp.php?pid=1

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abfll.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする