コンセプトカー 

From:関谷はやと

つい先日、
このメルマガでも取り上げましたが
いまドイツでは、
9月12〜23日の期間で
フランクフルト・モーターショー
が開催されていて、

これから発売されそうな新型車や、
各メーカーが自社の方向性を表現した
コンセプト・カーと呼ばれる車が
多数展示されています。

ただ、
このところの世界的な傾向として、
各自動車メーカーは、
自国の周辺地域で開催される
モーターショーにしか
出展しなくなっていて、

すると、今回みたいに
ドイツで開催されるモーターショーなら、
ヨーロッパ各地にあるメーカーの車を
ほとんど見ることができるので、

僕も現地へ行って、
実物の車を見てみたいなあと、
思ってはみるものの・・

移動や滞在時間、
費用のことを考えると、
悲しいかな、
日本に住んでる僕にとっては、
インターネットやニュースでしか、
目にすることができないのが現実です・・

そうやって見た限りでの話ですが・・
僕が感じたのは、

直観的に
『いいデザインだなあ』と思える
コンセプトカーが多かったことです。

もう少し説明すると、
各メーカーが打ち出した方向性を
コンセプトカーがうまく表現していて

例えるなら
シンプルなイメージを持った
『デザイン家電』みたいな感じに
仕上がってました。

このメルマガで
いつもお話ししてるように、
車も電動化に向かってるので、

自然とそうなるのかな〜
などと勝手に思ってますが・・

ところで、

僕はこのコンセプトカーのデザインを、

どうしても、
『ヨーロッパと日本』という見方で、
比べてしまうんですね・・

ちょっと感覚的かも知れませんが、

日本車メーカーのものは大抵
きっと近い将来、市販されるだろうな・・
そう感じさせるデザインになってて、

良くいえば、
完成度は高いんですけど、その分
小さくまとめてしまってる感じがして、

何ていうんですか・・

コンセプトカーなんだから、
もっと枠から飛び出して
大胆に弾けて欲しいなあと思います。

そこで、
何でそう感じてしまうんだろう?
について考えてみたんですが・・

これには、
ヨーロッパと日本では、
元々生活スタイルが違うことが、
理由の一つじゃないのかと思います。

例えば
ヨーロッパの生活スタイルって、
『腰掛ける』
つまり『椅子』に座るのが基本で、

日本の生活スタイルはというと、
床や畳の上に敷物を敷いて、
(あるいはそのまま)
そこにお尻やひざが着くように
座りますよね。

すると、当然ですが車も
シート(椅子)に座る乗り物なので、
車をデザインの対象として考えた場合、

やはり何世代にも渡って
椅子に座る生活をしてきた
ヨーロッパの人たちの方が
取っつき易いんじゃないかと思います。

かといって
僕は日本のコンセプトカーが
ダメだといってる訳じゃなくて、

実はヨーロッパの人たちも
デザインの元になってる
イメージやアイデアには、
日本とか和物、東洋のものを
数多く取り入れているんですよ。

ただ、
取り入れてるとはいっても、
『ここは日本の○○様式をイメージして』
みたいな、目の前にある
『モノ』自体の姿を真似てるんじゃなく、

どっちかというと
『考え方』とか『精神』といった
観念的な部分が強いです(続きます)

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車整備工場)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abaql.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする

スーパー・キャパシタ 

From:関谷はやと

前回のメルマガでは、
イタリアの高級スポーツカーメーカー
ランボルギーニが、

このたび発表したHV車には、
モーター用バッテリーの代わりに
『スーパー・キャパシタ』と呼ばれる装置を
量産車で世界初搭載した
というお話しをしました。

そこで今回は、
そもそも
『スーパー・キャパシタ』って何なん?
についてお話ししたいと思います。

知っての通り、
EV(電気自動車)やHV車には、
モーターを動かせるために
大容量のバッテリーが搭載されています。

ちなみにこのバッテリー、

身近なものでいうと、
コードレスの家電製品や
パソコンに使われてる『電池』と
ほぼ同じ役割のものです。

あっ、スマートフォンにも
バッテリーが入ってましたね・・

ところが、大きく異なるのは
このバッテリーから取り出す電気で、
重量が1トンとか2トンもある車を

数百キロの距離を走らせる訳ですから、

バッテリーの大きさや重さも、
家電製品やパソコンの比じゃなく、
HV車だと数十kg、
EVに至っては数百kgとなり、

電気そのものには、
ほとんど重さがないのに、

電気を発生させたり、
溜めるためだけに、

常にこの重さのバッテリーが
車に搭載しておかなくちゃいけません。

なので、考えようによっちゃ、

いくら車を走らせるためとはいえ、
EVのバッテリーというのは

エンジン車と比べて重量的には、
かなり不利となり、

もし、
より高出力なEVにしようとすると、

バッテリーの重さをカバーするために、
さらにバッテリーを大きくしなくちゃいけない、
という無限に陥ることになります・・

そこで求められたのが、
一時的であれば
大容量の電気を溜めることができ、
なおかつ、その電気を
瞬間的に取り出すことが可能な、
『キャパシタ』と呼ばれる装置でした。

ただ、
EV用のバッテリーと比べると、
持久力っていうんですか・・

キャパシタの方は、一定量の電気を
長時間じわじわと出し続けるのには
素材の特性上、無理があるんですね〜

なので、今の段階では、
停止状態から
時速100キロまで達するのに
何秒縮められるか、というような、
瞬間的に大容量を必要とする
スポーツカーに向いています。

しかも、
前回のメルマガでもお話ししましたが、
重さはバッテリーの3分の1程なので、
重量的にはとてもメリットがあるんですね〜

という訳で、
EV用バッテリーの可能性というのは、
まだまだ広がり始めたばかりなんです。

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車整備工場)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abaql.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする

世界初搭載! 

From:関谷はやと

つい先日、新聞やニュースに
電動車の世界販売台数予測が
掲載されていました。

それによると、
2035年(令和17)には、
EV(電気自動車)の台数が
現在の販売台数から、さらに17倍も伸びて
なんと2202万台に達するそうです。

ちなみに、
この台数予測は2年前に予測された
1125万台と比べて約2倍に増えています。

またEV以外にも、
エンジンと電気モーターで走る
HV(ハイブリッド車)のほか、

バッテリーにコンセントをつないで
充電できる機能が付いた
PHEV(プラグイン・ハイブリッド車)の
販売予測も出ていて、

同じ2035年で、HVは785万台、
PHEVが1103万台となっています。

じゃあ、エンジン車を含めた
全ての新車の世界販売台数は?というと、

別のデータから
2035年の予測が出てまして、

現在の約9000万台から、
さらに1000万台ほど伸びて
約1億台となるそうで・・

つまり、予測とはいえ、
あと15〜6年先には、

世界で販売される新車100台のうち
約40台が電動車となり、
そのうちほぼ半数がEVになっている
という状況です・・

ちなみにこの数字はすべて、
1年間で販売される台数ですよ(驚)

さらに驚くのは、
2021年、あと2年もすれば、
世界で販売されるHVとEVの台数が
逆転するんだとか・・

これを境にして、
いま電動車で主流となってるHVよりも、
EVの方が急激に伸びていくんですね〜

となると、この先、、
自動車メーカーにとって重要なのは、

バッテリーへの充電を
どれだけ短時間で済ませられるか?
という『充電時間』と、

1回あたりの充電で
どれだけ長い距離を走ることが出来るのか?
という『航続距離』であることは、

いつもこのメルマガを読んでくれている
あなたなら、きっとすぐ思い浮かぶはずです。

ところが、世界中の、
どの自動車メーカーもEVを作りだすと、

いまの2つの違いだけじゃ
どうしても個性に欠けるというか・・
インパクト(売り)が
いま一つ物足りないんですよね〜

なので今後は、
重くてデカいEVのバッテリーを、
いかに軽く小さくできるか?
というテーマにシフトされていくはず

と、そんなことを考えてたら、

ちょうどいま、ドイツで開催中の
『フランクフルト・モーターショー』に、
そのテーマに挑戦した車が出てて、

なんとそれが、
コンパクトカーや4ドアセダン、
SUVを作ってるメーカーからじゃなく、

イタリアの高級スポーツカーメーカー
ランボルギーニが発表した、
『シアンFKP37』というモデルで、

なんとこの車には
今までのバッテリーと比べ、
重量は3分の1しかないのに
パワーは3倍も出る
『スーパー・キャパシタ』と呼ばれる
とんでもない装置が
世界初搭載されてるんです!

ただし今回のはEVじゃなく、
エンジンとモーターのHVですが・・

そこで次回以降、
『スーパー・キャパシタ』って、
いったい何ぞや?について
お話ししたいと思います。

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車整備工場)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abaql.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする

8800 

From:関谷はやと

『トヨタ2000GT』という、
今から50年ほど前に生産された
スポーツカーがあるんですが、

ニュースによると、
このほど国内で開催されたオークションで
なんと『8800万円!』もの金額で
落札されたんだそうです(驚)

しかも落札者は、
日本国内にいる個人の方だと・・
いや〜お金って、やっぱり、
あるところにはあるんですね〜(笑)

なので、
このメルマガを読んでいる人の中で
もし年代物の車に乗っている人がいたら、
どうか大切に乗り続けて下さい。

というのは冗談で・・

50年前に作られた国産車が
オークションで8800万円という、
とんでもない金額で落札されましたが、

それもそのはず、

実は当時、トヨタを代表するような
純国産のスポーツカーを作るために
技術の粋を集めて開発されたのがこの車で、
まあ、今でいうと高性能なレーシングカーを
市販するような感覚だったんです。

当然ながら、
それは車両価格にも反映され、
当時、大卒者の平均初任給が
2万6千円だった時代に、

なんと238万円!(約7年半分)
今なら2000万円を軽く超えるくらい
飛び抜けて高額だったため、
1967年(昭和42)から
1970年(昭和45)までの間に、
わずか337台しか生産されませんでした。

逆の言い方をすると、買える人が
それだけしかいなかったということです。

『幻の名車』とまで言われたのは、
そのためだったんですね〜

ところが、、
今回落札されたトヨタ2000GTは、
その337台とは別に、
対米向けに作られた試作車
9台のうちの1台だそうで・・

エンジンの排気量を2300ccに高めた
超希少モデルだったんです。

記事によると、
オークションの参加者がもっといれば、
この金額(8800万円)よりも
もっと高額になってたはずで、

そう考えると、
今回は安かったんじゃないか?
とのこと・・(驚)

もしそうだったとしたら、
一体いくらの金額になってたのか?

もう笑いしか出ません・・

まあ、でも作られたときの経緯と、
半世紀、50年の歳月からすれば、
8800万円という金額もありなのかも・・

同じ国産車でも
僕が普段乗っている車とは、

全く違う次元の話だということが
今回よ〜く分かりましたよ(笑)

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車整備工場)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abaql.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする

フリクション 

From:関谷はやと

前回のメルマガで、
車が走ってるときのタイヤの状態は、
車そのものの重量を支えたり、
路面から受けるショックを吸収したりと、
常に変形しながら路面と接していて、

その際の変形の度合いが、
いわゆる『転がり抵抗』と呼ばれてて、

転がり抵抗の大きさが
タイヤの性能となり、それによって
燃費も変わってくることをお話ししました・・

そこで今回は
タイヤとはまた違う『抵抗』について
お話ししたいと思います。

つい先日、

僕がデスクで使ってる
赤色の『蛍光ペン』の色がかすれて
薄っすらとしか出なくなったので、

総務担当の女性スタッフに
『新しいのはありますか?』
と尋ねたところ・・

ニッコリしながら『あります』
『しかも今度のは消せるんですよ!』

そう言って、
新しい蛍光ペンを渡してくれました。

一見すると、
今までの蛍光ペンと変わりませんが、
ただ違うのは、ペンの端っこに
『消しゴム』のような部品が付いていて、
それで擦ると書いた文字が消えるという・・

僕も『消せるペン』くらいは知ってましたが、
ただそれはボールペン程度の認識で、
蛍光ペンでも『消せるタイプ』の方が
主流になってたのは知りませんでした・・

新しい蛍光ペンを手にした僕は、

『本当に消えるんかいな・・?』
そう思って、
『書いては消し』をやってみたところ・・
うたい文句通り見事に消えましたね(笑)

すると『消せる蛍光ペン』に
がぜん興味がわいてきて、

これはインクに秘密があるのか、
それともペンについてる消しゴムに
秘密があるのか知りたくなり、

メーカーのホームページを調べてみたところ、

なんと『苦節30年』もの歳月をかけて
ようやく製品化できたんだそうです・・

やっぱり苦労してたんですよ〜

ホームページによると、
蛍光ペンに使われてるインクの粒子、
一つ一つの中に『色の成分』と
『発色させる成分』と『色を消す成分』の
3つの成分が入っていて、

通常は、
『色の成分』と『発色させる成分』が
反応することによって
文字(色)が出るようなっています。

ところが、
文字を消しゴムで擦ったときの摩擦熱で、
書いた部分の温度が60度以上になると、
『色を消す成分』がはたらいて、

反応によって発色してた文字を
見事に打ち消してしまうんですね〜(驚)

なので、
ペンの端っこについてる消しゴムは、
特殊といえば、たしかにそうですが、
でもインクほどじゃなく、摩擦抵抗によって
熱を発生させるための部品だったんです。

いや〜驚きましたよ!

僕はてっきり、
ボールペンのインクを削り取る方法、
従来型の『砂消しゴム』くらいにしか
考えてなかったんで、、

書いた文字(色)を消すために
『抵抗』や『摩擦熱』が利用されていたとは、
思いもよりませんでした・・

今さらですが、、
これはカルチャーショックでしたね。

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車整備工場)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abaql.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする