読まれない取説 

From:関谷はやと

車や住宅など、
日常生活で長年使うものを
『耐久消費財』なんていう
カタい表現をすることがありますが、

こういった
長年に渡り使われるものって、
長く使えば使ってるほど、
最新のものを目にした時の驚き、
というか衝撃が大きいんですよね〜

ちなみに、
三栄自動車で扱ってるのは車ですが、

例えば、
10年前に新車を購入されたお客様が、
買い換えのため現行の車を目にすると、

まず驚くのが、
様々な安全装置をコントロールするための
スイッチ類の多さと、それらが表示されている
メーターパネル内のランプの数の多さです。

ちなみに、
これ数多くのランプ類には、
(インジケーターランプと呼びます)
実はルールがあって、

特に表示されてるランプの色には、
目的や役割によって
色分けされているんです。

例えば、
ランプの表示が赤色の場合は、
ドライバーや乗員に
『警告』を知らせるもので、
これが点灯したら文句なしに
『ヤバい状態』です。

なので、もし走行前だったら
その場でエンジンを止めて
(決してそのまま走っちゃいけませんよ)
何を警告してるのか?を取説書などで
確認する必要があります。

次にオレンジ(または黄色)ですが、

『今すぐは支障ないけど・・』

『システムが何か感知しました』

『でも後で見ておいてね』

といったレベルの内容です。

例えば、
エンジンを制御してるコンピューターが
何かいつもと違う状態を感知したら、
エンジンを横から見たような形のランプが
点灯して知らせてくれますし、

ガソリンの残量が減ったときにも、
『ガソリン計量器』
みたいなランプが点灯して、
給油して下さい、
と知らせてくれる感じですね。

次に緑色(グリーン)の場合ですが、
これは、ヘッドライトや
ウィンカーを点灯させたとき、

またハイブリッドカーなら、
今はモーターだけで走ってますよ、
というのを知らせる
『EVモード』だったりと、
いま現在、
車がどんな作動をしているのか、
知らせてくれるようになってます。

長くなりましたが(笑)

まあ、それが10年も経てば、
見たことない形のランプ類が、
メーターパネルにびっしりと並ぶので、

いざ何かのきっかけで点灯すると、
色の種類に関わらず
パニックになってしまうんですよね〜

そこで取説書の出番なんですが・・

ところが、
ランプの種類が増えすぎたためか、
(そればかりではありませんが・・)

最近の車の取説書を見ると、
300ページ以上あるのもザラで、
ほとんど『小説レベル』のボリュームです。
これだと中々読む気が起きませんよね〜

なので、
双方向で通信ができる
『テレマティクス機能』のついた
ナビゲーションが
装着された車もあるんですけど・・

でも結局は、
『○○なランプが点灯したんですけど・・』
みたいに、
『誰々』あるいは『何処そこ』に
連絡した方が早いし安心だ!
となるケースが多いんですよね〜

となると、
僕たち車を扱ってる者は、
小説を読むように取説書を読んで、
いつ、どんなランプが点灯しても
あなたに答えられるよう、
日頃から勉強しておかなくちゃなりません。

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車整備工場)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abaql.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする

祝2連覇達成! 

From:関谷はやと

ついにやりましたよ!快挙です!
いったい何が?というと、
前にこのメルマガでもお話ししてた、
『ル・マン24時間耐久レース』に
トヨタチームがLMP1という、
最上位のカテゴリーで2台出場し、
なんと1位と2位を獲得したんです!(驚)

しかも昨年に引き続いてです!

さらにドライバー陣も
昨年と全く同様のメンバーとくれば、
今度こそ誰も文句のつけようのない
快挙じゃないかと思います!

ちなみに、
レース開催地フランスとの時差のため、
僕は決勝レースをゴール
(現地時間で15時、
日本時間だと22時)の
3時間ほど前から、
現地のインターネット無料中継を
観ていました・・

特に印象的だったのは、
レース最終盤のゴール直前に、

イタリアのフェラーリに始まり
ドイツのポルシェ・BMW
アメリカのフォード・シボレー
イギリスのアストンマーティン

といった並み居る世界の名車たちを
トヨタの車が
次々と追い抜いていくシーンでした・・

今回たしかに、
エンジンとモーターを組み合わせた
ハイブリッドカーでの出場は、
トヨタだけでしたが、

それでも、
動力性能的に有利な部分には
ハンデを設けられてるので、

トヨタという、
1つの自動車メーカーが・・よりも、
ハイブリッドカーを世に送り出した
日本の技術が世界に認められた、
という感覚の方が強かったです。

さらに表彰式では、
優勝国の国歌が生演奏されるんですけど、
日本から遠く離れたフランスで、
『君が代』が響き渡ってたのは、
とても感慨深いものがありましたよ・・

それともう一つ印象に残ったのは、
残すところあと2〜3周で、
どのカテゴリーの出場車両も
ほぼ順位が確定したあたりで、

何名かのドライバーやチームメンバーが
感極まって涙を流し始めた映像が
目に飛び込んできたところです・・

特に今回は前評判から
トヨタの優勢が伝えられてたんで、
ことトヨタに関しては、
ドライバー、チームメンバーとも
連覇がかかったプレッシャーもあったのか、
涙を流して喜ぶより、どっちかというと、
緊張がほぐれてホッとした表情でしたし、

特に日本人ドライバーの2名
(中嶋一貴と小林可夢偉)は、
淡々と仕事をこなす感じで、
もう職人の域でした。

『ル・マン24時間耐久レース』を
こうやって見ていくと、
お正月の『箱根駅伝』や
オリンピックのようなスポーツ競技と
何だかよく似た感じがしてきたのは
僕だけでしょうか・・

でも、箱根駅伝と大きく違ってるのが、
トヨタが2連覇するだろう・・
という大筋の見方があったからかどうか、

来シーズンから
他のチームがもっとハイブリッドカーで
参戦しやすくなるように
レギュレーション(車両規定)が
大きく変わり『ハイパーカー』という
カテゴリーが設定され、

圧倒的なトヨタ有利とは
いかなくなりそうです・・

まあこういう変更も、
周囲からようやく認められたと思えば、
名誉みたいなもんですけど・・(笑)

でも、
それを乗り越えてこそ!だと思うので、
トヨタチームには、ぜひとも
頑張ってもらいたいと思います。

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車整備工場)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abaql.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする

梅雨入りがまだなんですよ・・ 

From:関谷はやと

僕が住んでいる松山では晴天続きで、
実はまだ梅雨入りしてないんですよね〜

などと言ってたら、、
昨日の午後あたりから、
ようやく降り始めたのはいいものの、

今度は今日(6月15日)になっても
まだ断続的に激しく降り続いてるので、

こりゃあ昨年みたいに、
再び災害が起きやしないかと
心配しています。

ところで、
『梅雨(つゆ)』という漢字には、
植物の『梅(うめ)』という字が
当てられてますよね。

その理由は、
ちょうど梅の実が熟す時期に合わせて
雨の多い日が始まるから・・
という説があるくらい、きっと
梅との関係が深いんでしょうね〜

そこで、ちょっと前にも、
このメルマガでお話ししたように、

この5月の終わりに僕は、
近くの実家に植えてある梅の木から、
大粒のみごとな梅の実を収穫し、
自宅の玄関で寝かせ、
しっかりと熟した実にしてから
『梅干し』を漬けました。

ところで、
植物にしろ生身のものにしろ、
塩や砂糖に漬け込んで、
中身に含まれる水分を外に抜く方法って、
化学的には『浸透圧』という原理を
利用したものだと聞いてます・・

ちなみに梅の場合は、今の時期だと
実をもいでから1週間も置いてしまうと、
熟しすぎて傷んでしまうんですよね。

ところが梅干しは、
実を塩に漬けて水分を抜くことで、
傷みにくくなり、その結果、
何年も保存が効くという・・

ものすごくシンプルだけど、
とても理にかなった方法で
作られた加工食品だといえます。

しかも梅干しって、
健康な身体作りにも貢献してるとなれば・・

しかし、こんな素晴らしい方法を
いったい誰が発見したんでしょうか?

そうやって考えていくと、
『浸透圧』なんていうのも、
たぶん後から付けられた名称で、

その原理自体は
名前が付くよりも先に
生活や経験の中から
利用されてたんじゃないかと思います。

すると、
原理を知ってたとか知らずに、
なんてことなど関係なく、

古来から
梅干しが食べ続けられてきた理由も
十分納得できますし、

また僕みたいに、
梅干しを作ることによって、
偉大な先人たちに近づいているのかも・・

そう考える単純な思考の人間には、
精神衛生面での効果があることも、
十分に証明されています!(笑)

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車整備工場)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abaql.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする

『バッタ屋』から学ぶビジネスもある! 

From:関谷はやと

先日、
『三栄自動車のオイルキープ』で
使っているオイルメーカーの担当者と
うちと同じ取り組みをやっている
同業者さんとの会合があり、

その後、催された懇親会の席で、
オイル交換の話だけに留まらず
タイヤ販売の話題にまで発展しました。

ここで、ちょっと
『三栄自動車のオイルキープ』の
紹介をさせてもらうと・・

『オイルキープ』というのは、
飲食店でよく取り入れられている
『ボトルキープ』と同じイメージで、

定期交換が必要なオイルを
まとめて購入してもらうことで、
オイル交換の際に発生する
交換費用(工賃)が無料になるほか、

同時交換部品としておすすめしている
『オイルフィルター』も無料になったり、
あとは、タイヤやバッテリー、ワイパー
ランプ類の点灯状況といった点検も
一緒にやってもらえるという、
お得なシステムになってるんですね〜

もちろん最初の段階で
オイルはまとめ買いしてもらってるので、

それを使い切るまではずっと、
このサービスを受けることができますよ!

以上、コマーシャルを終了します(笑)

そのとき、
ある車屋さんから、

『○○というタイヤ販売店は、
自社の店名が入ったステッカーを
貼ってくれている車なら、
パンク修理が無料になるらしいぞ!?』

という情報が出されたんです。

ちなみに
そのタイヤ販売店というのは、
メーカーや卸店で
過剰在庫になったような商品を
まとめ買い(あるいは叩き買い)することで
安く仕入れ、それだけに留まらず、
市場で販売されている価格から、
大きく値下げした金額で販売する
(ダンピング)という、

いわゆる
『バッタ屋』と呼ばれてる類のお店です。

一見すると、
商品をより安く提供することで
お客様の側に立ったビジネスを
やってるように思えます・・

まあ、ある程度一定少数の規模なら、
そういう商品を求める人もいるので、
許容してもいいとは思いますが、

ただ、こういったお店ばかりが
市場で幅を利かせてしまうと、
商品価値を下げる原因となったり、
正規のルートで仕入れ販売をして、
買ってもらった後のサービスにまで
責任を持っているようなお店へと、

お客さんが
来なくなってしまう恐れがあるので、
正直『招かざる業者』だといえます・・

なので『バッタ屋』と表現されるのも、
増えすぎると市場に悪い影響があるから
多分そういう意味で、
名付けられてるんじゃないかと・・

ところが、この
『自社ステッカーを貼ってくれたお客様』
に対するサービス・特典って、
お店をアピールするという視点で見ると、
僕たちにも参考になるアイデアだなあと、
感心しましたよ。

それと同時に、周囲から
『バッタ屋』などと、ある意味
不名誉な呼ばれ方をされてる業者でも、
しっかり自社のファン獲得のために
頑張ってるところを見聞きすると、

彼らのやり方を批判するばかりじゃなく、
良いアイデアだと思ったら、
どんどん取り入れて(パクって笑)
逆に出し抜いてやるぞ〜!
という気概がビジネスには必要なんだと、
そんな話をして、みんなで締めくくりました・・

こういった同業者間での
実のある話し合いって、
お互いのライバル意識が邪魔をして
実は中々できないんですけど、

ところが、この
『オイルキープ』というサービスに
取り組んでいる人たちって、
ビジネスに対する考え方が近いのか、
とても有意義なことが多いんですよ。

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車整備工場)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abaql.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする

ドアミラー 

From:関谷はやと

先日、
走行中に何かと接触したため
左側のドアミラーを破損してしまった車が
修理で入庫してきたんです・・

で、僕がその車を移動させるため、
敷地内を運転してたとき、、

当然ながらミラーがないので、
バックするにも後方確認のために
いちいち振り向かなくちゃならず、

いや〜ドアミラーが無いだけで、
これほど運転しにくいとは・・

わずか20センチ×10センチほどの
小さな鏡(ミラー)でも重要なんだと
改めて思いましたね〜

ところで、
ドアミラーといえば、
このメルマガでもたびたび、
あなたにお話ししていますが、

その中の一つに、
歩行者や対向車との接触事故を防ぐ、
あるいは減らすために、

鏡の代わりに
小型カメラを装着することで、
車幅からの出っ張りを無くす、
カメラ式ドアミラーが
自動車メーカーや部品メーカーによって
開発されているという話・・

なのでもし、この車に、
カメラ式のドアミラーが装着されていたら、
今回の修理は、
最初から無かったかも知れません。

こんな具合に、
カメラ式のドアミラーが普及すれば・・

という
アイデア自体は素晴らしいんですけど、

ただ、、
デジカメやスマートフォンの
カメラ機能を使ってる人なら
経験したことがあると思いますが、

カメラって機械的な構造上、
昼と夜との映り込みの差を補正したり
画像の焦点を合わせるのに、
ほんの一瞬ですけど時間差があって、
さらにそれを映像化するにも、
一瞬ですが時間がかかります・・

ところが、
車の接触事故のようなアクシデントって、
ほんの一瞬のタイミングの差で
起きてしまう出来事なんですよね。

すると、
その一瞬の差を埋め合わせるため、
鏡タイプのドアミラーと
同等の性能を持たせようとしても、

超高速・高性能なカメラを
ドアミラーに装着しなくちゃならないので、

現時点ではコスト面から見ても、
鏡タイプのミラーには、
まだまだ敵わないんですよね〜

この辺りの事情は、
カメラの性能を向上させる開発力と、
それをどうやってコストを下げるかという、
生産技術力が必要なのはもちろん、

普及までに必要なコスト上昇も
僕たち自動車ユーザーが
ある程度受け入れる環境が必要です。

そんなこともあって最初は、

そういったコストを吸収できる
高級車とか先端技術を盛り込んだ
高価格な車に限定されているんです。

裏を返せば、
カメラタイプのドアミラーのような装置が
一般的な車にも装着されだしたら、
『ああ、ようやく普及したんだな〜』
というのが分かってきます。

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車整備工場)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abaql.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする