『ドローン教習所』 

From:関谷はやと

スマートフォンの普及とともに
一気に注目され始めたのが、
小型の無人航空機
通称『ドローン』です。

基本的にはドローン本体と
スマートフォンのような端末を
持っていれば誰でも使えるので、

工事やその他の理由で
人間の足では簡単に行けない場所や
災害地域の調査といった場面など
活用されるシーンも増えてきました。

ところが現状では、
模型飛行機を買うような感覚で
ドローン本体を
簡単に入手できることもあって、

使い方によっては
人様の迷惑になるケースも
見聞きするようになり、

ドローンのイメージが、
ちょっとネガティブになってる気もします。

こういった、
身近で簡単に扱えるものを普及させる場合、
本来なら使う人の良心に任せておくのが、
一番手っ取り早い方法なんですけど、

ただドローンに限って言うと、
人の手を離れるものだけに
やはり取り扱い時の技量や
ある程度の規則は必要だと思います。

そんな中、
自動車の運転免許証を取得する人が
減少の一方となっているため、
経営的に厳しい状況にある
『自動車教習所』が、
ドローンの取り扱い講習を始めた
というケースが増えているそうです。

そう言われてみれば、たしかに、

教習所って元々が、
交通ルールに関する知識や、
運転に関する技能を持っていない
全くの素人に教えるのがビジネスなんで、

対象が車やバイクから
ドローンに変わっただけだと思えば、
意外とすんなり行きそうですよね。

しかも、さっきお話ししたように、
教習を受けることで、
無茶な使い方をする人が減り、

また周囲からも一定の理解が得られ、
そして教習所自体の経営環境向上にも
貢献してくれるので、
まさに救いの神のような存在です。

となると、これと同じ仕組みで、
例えば『自転車』にも応用できれば、

両耳にイヤホンをしたままとか、
スマートフォンを見ながら自転車に乗るとか、
2列3列に並んで走るとか、
あるいは車道、歩道を猛スピードで走るとか、

一歩間違うと大事故につながりかねない
危険な運転も減るんじゃないかと・・

また子供さんの場合には、
免許証を取得するまでは、
自分の住んでいる町内あるいは、
通ってる学校区域より
外に出ちゃいけないとか、

交通量が激しくなった今の時代には、
これくらいの対策が
必要じゃないかと思いますが・・

交通安全のためにも
こういうアイデアはどうでしょうか?

何だか教習所って、
ビジネスチャンスがそこら中に
転がってるような感じがします。

ちなみにですが、

実は三栄自動車の近くにも、
自動車教習所がありまして・・

ありがたいことに、
そこで使われてる教習車のメンテナンスを
やらせて頂いてるんですけど・・

そうなると将来、三栄自動車で、
ドローンのメンテナンスを
するようになるのかも・・?

こりゃあ冗談じゃなく、
今からドローンについて、
しっかり勉強しとかないといけませんね!(笑)

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車整備工場)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abaql.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です