(追悼)モンキー・パンチさん 

From:関谷はやと

今朝新聞を読んでいたら、
すでに50年近くも続いてた
人気漫画『ルパン3世』の作者である
『モンキー・パンチ』さんが、
先日81歳で亡くなったとのことでした・・

ちなみに、
僕が初めてテレビの画面に映った
ルパン3世を見たのは、
もうかれこれ40年以上前です。

その時は、
どこか出先だったこともあって、
ほんの一瞬しか見た記憶がありませんが、

それでも、
画面の中にいたルパン3世が
今までのアニメにない躍動感あふれる姿に
衝撃を受けたことを憶えています・・

また、
ルパン3世といえば、
劇中の登場人物のほか、
彼らが使ってる車もまた、
ちょっとマニアックで洒落た感じがして、

『ああ、これが大人の世界なんだ・・』と、
子供ながらに思った記憶もよみがえりました。

そこで劇中に使われた車を挙げてみると、
『フィアット500』
『ミニ・クーパー』
『シトロエン2CV』
『ベンツSSK』
『アルファロメオ』などなど・・

また、
劇画・アニメという設定から、

登場人物の表情を
遠景からでも見られるようにと、
屋根のない『オープンカー』が
多用されてましたね。

ところがオープンカーって、
大抵の場合は
2ドアスポーツカーをベースに作られてるので、

仮にリアシートがあったとしても、
申し訳程度のスペースしか取られてなく、
大人4人で乗ろうとすると、
狭くてギュウギュウ詰めになります。

それでも画面の中から、
痛快さと楽しさが伝わってくるので、

大人になってから、
『自分もあんな風に車に乗れたら・・』
みたいな感じで、
ルパン3世で使われてた車を購入した、
なんて人も
結構いるんじゃないかと思います。

そういえば僕も、
買うまでには至りませんでしたが、
仕事柄、今挙げたうちの何台かは、
運転したことがありますよ。

中でも、最も印象深かったのが、
フランス製の『シトロエン2CV』です。
(製造期間1949〜1987)

ちなみに『2CV』を
フランス語っぽく発音すると、
『ドゥー・シーヴォー』となって、

さらに
鼻から抜けるような感じで発音すれば、
本場でも伝わるかもしれません(笑)

で、何が印象深かったのか?というと、

マニュアル車なんですけど、
シフトレバーが通常の車みたいに、
床からレバーが立ち上がってるんじゃなく、

ハンドルの横あたりから
シフトレバーが突き出てるんですね〜
しかも左ハンドル・・

スミマセン、、これ文章だけじゃ、
ちょっとイメージしにくいでしょうけど・・

とにかく、
それを前後に動かしながら、
さらに左右に傾けるという方法で、
ギヤチェンジをしなくちゃいけないので、

初めて運転した時なんて『???』で、
車を動かすことすら出来ませんでしたよ(笑)

なので、子供のころには、
ただ楽しそうに乗ってるな〜
としか思ってませんでしたが、

いざ自分がその車を運転するのに、
苦労してからというもの、

『ルパンたちって、
運転ウマかったんやなあ・・』と、

まあ今となればこれも思い出ですね〜

僕たちに色んな車の思い出を作ってくれた
モンキー・パンチさん、
本当にありがとうございました・・

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車整備工場)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abaql.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です